LackLuckLife » サラリーマン金太郎 打ち方・目押し攻略・リール

工事中

サラリーマン金太郎 打ち方・目押し攻略・リール

更新日:2016年12月10日

スロット サラリーマン金太郎 打ち方 目押し リール 解析 攻略 通常時 AT
(C)RODEO

サラリーマン金太郎の打ち方をまとめてみました。
AT機にしては若干面倒です。


「パチスロ サラリーマン金太郎 出世回胴編」

リール配列

サラリーマン金太郎 リール配列 スイカ 目押し

打ち方

左リールに拳図柄を狙う

.枠内に拳図柄が停止したら中・右リールにも拳図柄を狙う

.枠内にハッピ(スイカ)が停止したら、中・右リールに青7を目安にハッピを狙う

押し順ナビ発生時はナビに従う

レア小役一覧(小役構成)

共通ベル
 →中段ベル揃い
ハッピ
 →右下がりハッピ揃い
チャンスリプレイ
 →中段リリチェなど(成立時はリールがフラッシュ)
弱チャンス目
 →拳図柄が枠内に1つだけ停止
強チャンス目
 →拳図柄が枠内に2つだけ停止
金チャンス目
 →拳図柄が枠内に3つ全て停止
 →ベルとリプレイ両方がハサミテンパイしてハズレ
超金チャンス目
 →拳図柄が一直線に並んで3つ停止

打ち方一言

蒼天の拳2やマキバオーのように2連図柄があるのが特徴的ですね。

基本的にこの2連図柄の拳を毎ゲーム左リールに狙うことになると思います。

弱チャンス目だけでなく強・金チャンス目にも2枚の払い出しが設定されているので、成立役の見間違いを防ぐためにも、拳が枠内に停止したら中・右リールにもきちんと拳図柄を狙っておきましょう。

確率は低いけど共通ベルの時もハッピが滑ってくるようなので、個人的にはハサミ打ちがおすすめかな??

拳図柄の代用がチェリーでも効くようなら、AT中は変則押しもいいかもしれませんね。

ではではノシ

誤字・脱字などもあればご指摘お願いします