LackLuckLife » 【ゲゲゲの鬼太郎】モード移行率解析

工事中

【ゲゲゲの鬼太郎】モード移行率解析

更新日:2014年8月14日

ゲゲゲの鬼太郎 モード移行率
(C)水木プロ,藤商事

今回はゲゲゲの鬼太郎のモード移行率についてです。
この台見たことが無いんですけど、ちゃんと導入されてるんですかね?w



モード移行率

モード移行率

ぱっと見た感じで天国ループが強い機種だとわかりますねー。

モード移行の基本パターンとしては、通常A、Bを変則的に移行しつつ、通常Bからたまに天国へ移行するというところでしょうか?

一度天国Aに入ってしまうと50%で天国をループするようです。
また、超天国モードは通常Bからの移行のほかに、ARTでのエンディング到達後にも移行するようです。
超天国モードからは、最低でも2回は天国に滞在するので大チャンスとなります。(超天国→天国B→天国A)
とにかく天国モードが強い機種なので、ループ中には注意が必要です。

ただし、通常Aからは天国モードへの移行がないことにも注意です。

打ったことがないんできちんとしたことはわかりませんが、ゲーム数管理台にありがちな、通常Aなら百の位偶数で、通常Bなら百の位奇数で、前兆に入る感じだとしたらモードの推測も可能です。
もしこのようにモード推測が可能なら、通常A濃厚のときのART後は即ヤメでいいということになります。

一方で前兆などからモード推測ができない場合は、基本的には天国否定まで回した方がいいと思います。
天国ループの強い機種は、天国を逃すとかなりの期待値損失につながるので。

また、天国Aから通常モードへ転落したときは80%で通常Aですので、天国抜け直後ならART後即ヤメという判断もできます。

即ヤメできる時はできるだけ見極めたいところですが、天国をとられてしまう方が嫌なので、不安なときは天国否定まで回した方が良いと思います。

ではではノシ

誤字・脱字などもあればご指摘お願いします