LackLuckLife » モンキーターン2 天井解析 狙い目ボーダー

工事中

モンキーターン2 天井解析 狙い目ボーダー

更新日:2014年8月14日

モンキーターン2 Ⅱ 画像
(C)YAMASA

ヤマサからの新台、

モンキーターン2の天井解析情報です。


モンキーターン2
G数管理型AT機(ボーナス非搭載)
継続率テーブル管理AT&G数上乗せ方式

  • 天井    最大999G+α
  • 天井恩恵 AT当選
  • AT   「SGラッシュ」 基本50Gスタート
  • 純増   約2.3枚
  • 初当たり確率  約1/300(設定1) ~ 約1/220(設定6)


天井狙い目

推奨 600G~

(強気 470G~)


ついに来ました!
初代で大人気だったモンキーターンの正当後継機が登場です!
(キュロゴスなんてなかったw)

初代モンキーターンはART機でしたが、今作はAT機として登場です。
とはいっても、前作のテーブル継続率やG数管理といった基本的な部分は継承しているみたいですね。

また、単純に同じになっているだけではなく、CZの超抜チャレンジと、AT中の全速モードで、抽選方法を選べるようになっていたりして飽きがこないように工夫されています。

スペックの変化としては、天井が浅くなったこと、初当たりが重くなったこと、純増が増えたことがあげられます。
例によって荒くなってるということでしょう。

天井狙い目は600G~を推奨しておきます。
というか、狙い目考える時にモンハンにスペックが似てると思ったのは自分だけ?
みなさんどう思います?w

また、確定情報ではありませんが、今作もモード管理によって天井が浅めになったりしているという話があり、モードA999G、モードB768G、リセットモード512Gとなるらしいです。
信ぴょう性が全く保証できないので括弧書きにしておきましたが、これが本当ならモードB狙いで強気に470G~とかもできなくはないのかなーと思いました。

追記 モードB天井は704Gでした。

リセット狙いもできるならもっと浅くからなんてことも・・・。

とまあ煽るようなことも書きましたが、嘘か本当かもわからない情報に最初から頼らなくても、他の誰かに試してもらって真偽のほどが分かったら、おいしいとこをいただけばいいんじゃないでしょうかw
無理にリスクを冒す必要性はないですからねー。

ではではノシ

誤字・脱字などもあればご指摘お願いします